【ダイエット医薬品】ゼニカルジェネリックなら『ビーファット』

34689069

ビーファットとは?

image

★摂取した脂肪の吸収を約30%カット★

ビーファット は、食欲を抑制するのではなく、体内で脂肪が吸収阻害することによって ダイエット 効果を発揮します。
また通常の食事が可能ですので、ストレスによるリバウンドの心配もありません。 オルリスタット は脂分分解後の成分と結合して対外に排出されるので、身体への負担が小さく、年齢や性別を問わないというメリットがあります。

ビーファットの有効成分

048ec1aee66a868881a9c6c04c61e5c9

◆フィンペシアの有効成分は「オルリスタット」です◆

オルリスタット は、胃腸の中のリパ-ゼと呼ばれる脂肪分解酵素の働きを長時間にわたって抑え、食べた脂肪を腸に吸収させず体外へ排泄させる効果があります。

ビーファットの服用方法?

homemade-chocolate-protein-energy-drink-927

■一般的には1回120mgを1日3回■

  1. 脂肪を含む主な食事の際(食事中あるいは食後1時間以内)に服用
  2. 使用の際には食事の栄養バランスを考え、脂肪の多く含む(30%以上)食品は減らす
  3. 脂肪、炭水化物、タンパク質は3回の食事で分散してとるようにして下さい
  4. 食事を抜く場合、あるいは脂肪を含まない食事をとったような場合は、オルリスタットを服用しないで下さい。

ビーファットや他のゼニカルジェネリックダイエット薬を服用する場合、同時にビタミン剤 等で栄養補給をお奨めします
なお、症状の程度や体重等によって、服用する量や期間が決まります。服用は必ず医師の指導のもとで行って下さい。

ビーファットの効能と効果

6f590663

2015年11月19日現在の最新ランキング!90014個の口コミを元についに決定
1313131
※ちょっとお下品ですが、トイレの心配は必須だそうです(笑)

ビーファットの副作用

image3

オルリスタット の主な副作用としては、脂肪分と同時に脂溶性栄養素の吸収も抑制してしまうため、 オルリスタット を服用すると脂溶性ビタミンであるビタミンA、D、E、Kが不足しがちになることがあげられます。 ですので ビーファット を服用する際には、それらを含むマルチビタミンなどを積極的に摂ることをお薦めします。
オルリスタット服用の2時間前、あるいは2時間後の寝る前などにこれらを摂取するようにしましょう。

※そのほか、以下のような副作用が生じることがあります※

  1. オイルスポット
  2. 鼓腸
  3. 急な便意
  4. 油分の除去
  5. 排便の増加
  6. 便失禁
  7. 直腸からの漏れ
  8. 上部呼吸器感染
  9. 脂肪便
  10. ガスによる胃腸の膨満
  11. 放屁

ビーファットの使用上の注意点

8acf312a

※オルリスタットに対しアレルギーのある方は服用しないで下さい※

吸収不全症候群、食物アレルギーなどの症状がある、臓器移植を受けた、血液抗凝固薬・抗血栓薬(ワルファリン/ワーファリン・ヘパリンなど)を服用している、糖尿病、甲状腺疾患などの病歴がある方は、服用前に医師に必ずご相談下さい
1日3回120mgの服用量を超えても、効果は変わりませんのでご注意下さい。
副作用および使用上の注意はここに記載の限りではありません。

ビーファットを実際に利用した方の体験談

1313131
※個人的な感想となります。また、用法用量を守って正しく服用ください。

感想

もちろん、これプラス運動が一番いいです(^^)
というより想像以上に油でます…もうびっくりするくらい…トイレ終わっても油浮いてます…すげぇ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です