【オススメ動画】ゲームセンターCX【バトルゴルファー唯】&【たけしの挑戦状】

url

ゲームセンターCXとは?

613515

昔懐かしいコンピュータゲーム(レトロゲーム)に焦点を当て毎回異なるテレビゲームに挑戦していく番組です。12時間前後の収録時間内に完全クリアしてエンディング画面を目指す「有野の挑戦」をメイン企画にした、バラエティー番組である。

その他、ゲームクリエイターにインタビューしてゲーム製作の裏側に迫る、「クリエイターインタビュー」やゲームセンターや駄菓子屋に行って遊ぶ、「たまに行くならこんなゲームセンター」などの小企画などもある。
放送開始した第1シーズンでは、ゲームクリエイターのインタビューをメインに、「有野の挑戦」は後半枠であった。第2シーズン以降からは「有野の挑戦」をメインとしてリニューアルされる。

★私もよく見るのですがゲームセンターCXの魅力は…

  1. 有野課長の絶妙な下手加減
  2. ADさんがゲーム攻略に一緒に参加
  3. 民法ではありないゆる~い絡みが心地いい

CXならではの和気あいあいとした雰囲気もかなりの魅力♪はじめは何が面白いんだろ?って思うんですが、なぜか自然と応援したくなる不思議な番組です(^^)

バトルゴルファー唯とは?

20120111221927

バトルゴルファー水原唯は改造人間である。彼女を改造したダークハザードは世界征服を企む悪の組織である。バトルゴルファー唯は生き残る為にダークハザードのバトルゴルファーと戦うのだ!

◆ゲーム概要

ゴルフでの勝負になり3ホール(最終ステージのみ9ホール)のマッチプレー。打数が相手より少なければ勝ちとなり、多ければ負けで、打数が同じだった場合はEVENとして引き分けとなる。また相手がギブアップした場合も勝ちとなる。勝ち越せば次に進むが、それ以外はゲームオーバーとなる。
ステージ間には謎解き要素があり、これを解かないと次のステージに進めない。

たけしの挑戦状とは?

mig

『たけしの挑戦状』)は、1986年12月10日にタイトー(現・スクウェア・エニックス)が発売したファミリーコンピュータ用ゲームソフトである。タレントのビートたけしが監修した作品。「ポリネシアンキッド 南海の黄金」というサブタイトルも付けられている。

◆ゲーム概要

当時ファミコンに夢中になっていたビートたけしの「今までにない独創的な発想を入れたい」という意図が反映され、数々の斬新な内容が盛り込まれている。
キャッチコピーは「謎を解けるか。一億人。」で、ソフトのパッケージ表面には「常識があぶない。」と称し、裏面ではビートたけし自ら「今までのゲームと同じレベルで考えるとクリアー出来ない」とコメントしている。また広告には「成功確率 無限大数分の1」と書かれていた。
CMは、たけしが『雨の新開地』を歌うシーンと、たけしがIIコンのマイクに向かって「出ろ!」と言い、宝の地図が出てくるシーンの2パターンがあった。どちらのCMもゲーム攻略のためのささやかなヒントになっている。しかし、本作の発売前日に、たけしおよびたけし軍団による「フライデー襲撃事件」が発生。本作は予定通り発売されたが、放送されていたテレビCMは打ち切られた。

動画はこちらからどうぞ


Watch syatyouiii3 in 車・乗り物  |  View More Free Videos Online at Veoh.com※スマートホンの方は【こちら

感想

通常では考えられないゴルフのスコア(;・Д・)!僕はハーフで100超えるので…。
挑戦状は…途中でキレてしまうかもです(^^)課長の根気強さには脱帽です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です